運営会社

WORLD PLAYERS PROJECT

ワールドプレイヤープロジェクト運営
代表 橋本 貴智

代表

橋本 貴智

Ascenders代表 1991年12月9日生まれ

八王子高校 / 早稲田大学/一般社団法人Japan Sports Hub 代表理事 CEO

Facebook icon
ascenders icon

小学校3年でバスケットボールを始め、高校時代にインターハイ3度出場。キャプテンを務める。その後、大学進学を選択し、センター試験3度出場。在学中に友人のプロバスケ選手のセカンドキャリアをなんとかしたいと想い経営を学び、起業、Ascenders 株式会社を設立。インキュベーション事業など中心に様々なプラットフォームを創り、スポーツを軸としたサービスを展開。平成スポーツコミニティを創設。Webサービス、メディアを構築。2016年より海外事業を始め、VR事業にも着手、リオ五輪に15人を牽引する。2017年若い世代の挑戦を支援する一般社団法人Japan Sports Hubを創設し代表理事を務める。

海外経験:シリコンバレー、ラスベガス、リオデジャネイロ etc

共同代表 宮代 幸輝

共同代表

宮代 幸輝

1991年11月11日生まれ

香芝高校 / 平成医療学園柔道整復師科/Ascenders 株式会社 COO

Facebook icon

高校サッカー時代ケガに明け暮れた経験からスポーツトレーナーを志す。在学中からJリーグトレーナーの元で研修を重ね2011年に独立。スポーツトレーナー、栄養士などが集まる関西トレーナー会の創設者。日本代表のサポートや、アトレティコマドリード・インテルミラノでのトレーナー活動を経て、アスリートの人生に革新を与えることコンセプトにしたAthlete Innovation創設。2015年には世界の舞台へ挑戦する『World Trainer Project』を作り、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、アメリカへ若いトレーナーを牽引。2017年より活動拠点をイタリアに移し、国内外多くのアスリートのトータルサポートを開始。

海外経験:インテルミラノ.ラツィオフットサル.レアルマドリード.アトレティコマドリード.エスパニョール etc。

運営 齋藤 大輔

運営

齋藤 大輔

1986年7月14日生まれ

栄北高校 / 桜美林大学 / 呉竹医療専門学校

Facebook icon

私の人生の転機は、2012年の6月にオリンピック選手を指導する機会があり、その経験が今の自分を作っている。
ある種目の合同フィジカル測定会にて、実際にオリンピック選手と会話することで意識の高さに驚いた。一人のベテラン選手は、ウォーミングアップ後に使った道具を真っ先に片付けた。若手選手がいる中で、競技成績もトップのベテラン選手が取ったこの行動は物凄く価値があると思った。他にも一つ一つの測定に「これは何を測定するのか?」「どう意識して取り組むのか」と質問をしてきた。たかが測定だが、自分のパフォーマンスを知る、上げるために分からないことは明確にする、積極的に関わりを持つというこの姿勢には、アスリートとしてのお手本を感じた。これらの経験が私を奮いたたせ、いつかオリンピック選手に関わりたい、スポーツ業界にもっと貢献したいと思うようになった。

海外経験:イギリス・フランス・スペイン・ニュージーランド・アメリカ

運営 北林 佑介

運営

北林 佑介

1992年4月7日生まれ

天理高校 / 近畿医療専門学校鍼灸科/一般社団法人Japan Sports Hub 理事

Facebook icon

元々は競泳選手であったが、高校卒業時にスポーツトレーナーの道に進む。そこで鍼灸に出会い、2016年4月より「笑顔の絶えない人生のサポートを」というコンセプトの元個人事業「North Woods」として活動を始める。また2015年から関西で大規模スポーツコミュニティである「関西トレーナー会」の2代目代表として現在も活動している。今後のスポーツ界での活動を見据え、スペインのトップクラブや、リオデジャネイロ五輪へと研修へいく。リオデジャネイロ五輪では現地に来られたサポーターに施術も実施。

海外経験:スペインエスパニョール・リオデジャネイロetc。

運営 向井 晟貴

運営

向井 晟貴

1996年3月15日生まれ

都立日野台高校 / 東洋大学

Facebook icon

大学ではスポーツビジネスや組織マネジメント、スポーツ経営を学び、大学2年時より、スポーツを仕事にしたい学生とスポーツ企業で働いている社会人をつなぐイベントを述べ100人以上の参加者に対して開催。大学3年時からはより専門的なスポーツビジネス、スポーツトレーナーに対する人材育成プログラムWorld Player Projectに参画し、現在も活動中。大学3年時に海外のスポーツビジネスのノウハウを学びにイタリアサッカービジネス研修に参加しアカデミーのノウハウ、経営を学び、将来は地域密着型の総合型スポーツクラブを創設することをビジョンにしている。

海外経験:韓国・イタリア

運営 坂部 太一

運営

坂部 太一

1991年7月17日生まれ

長田高校 / 同志社大学

Facebook icon

小学校から大学卒業までの約15年間、野球一筋の人生を送る。同志社大学では硬式野球部に所属。学生トレーナーとして活動する傍ら卒業後も中学のボーイズリーグチームや甲子園出場校、大学野球などのトレーニング指導を経験。
その後、株式会社リクルートキャリアに入社、営業職として人材ビジネスに携わる。その経験を活かし、スポーツ業界で活躍したい人材(アスリートも含む)の育成や組織運営のためにWPPに参加。自らのスポーツ経験から、「スポーツを通して豊かな人間性を育てる」ことがコンセプト。

運営 大井 拓己

運営

大井 拓己

1995年6月6日生まれ

金光大阪高校 / 森ノ宮医療大学

Facebook icon

小学1年生からサッカーを始め、高校時代には近畿大会優勝を経験。大学では国家資格・教員免許取得のための勉強、体育会サッカー部選手、高校サッカー部フィジカルコーチ、国内外でのスポーツビジネス、『サッカーに学ぶ』『サッカーで繋がる』『サッカーを共有する』をコンセプトとしたFEP(Football Expert Project)を創設と5足の草鞋を履き活動中。また、大好きな地元に貢献したいという思いから【スポーツ×教育×コミュニティ形成】をテーマに、地域に根ざした総合型スポーツクラブの設立を目指し、行政に対して働きかけている。『スポーツを通じて心豊かな未来を創造する』を人生のミッションに掲げる。

海外経験:イタリア・カナダ・アメリカ・中国・韓国

運営 杉谷 瑛介

運営

杉谷 瑛介

1998年1月26日生まれ

京都橘高校 / 同志社大学

Facebook icon

小学校2年からサッカーを始め、中高と全国大会にメンバーとして出場。大学1年時の5月に任意団体SABISを設立。関西・関東支部も立ち上がり、スポーツ界に携わりたい同世代150名のコミュニティになる。同年6月本田会長への直談判によって「SVホルン」にインターンを創設、事業化。現地に7名の学生を牽引。その他にもJリーグ派生組織やFCバサラ・マインツなどに派遣実績。大学2年時には学生起業家枠として、同志社大学公式ビジネスコンテストのゲスト講師に採択。今後はIT事業やスポーツ人材育成事業にも着手する。グロービス経営大学院「G1カレッジ」スポーツマネジャー。

海外経験:フランス・マレーシア・オーストリア

運営 赤堀 元紀

運営

赤堀 元紀

1995年1月24日生まれ

都市大塩尻高校 / 専修大学

Facebook icon

小学校から中学校までサッカーを続け、高校生の時サッカー観戦に浪人するくらいハマる。週末になると街の人々が集まり楽しんでいる姿を見た時に、感動を生み出すスポーツの偉大さに気づき、自分もクラブ経営者としてスポーツの魅力を広め、人と地域を活性化することを決意する。2016年からサッカー界を盛り上げたいと言う志を持つメンバーを集める環境を創ろうとSoccer Business Projectを設立&代表を務めながら、社会人サッカークラブの運営にも着手する。「スポーツの力で非日常空間を創り続け人々に生きがいを与える」ことをミッションに掲げる。

海外経験:イタリア・韓国

運営 熊田 敦基

運営

熊田 敦基

1995年10月4日生まれ

不動岡高校 / 法政大学

Facebook icon

小学生から大学2年までサッカーに明け暮れる。スポーツが大好きで、アスリートに憧れを抱く一方で、引退後のセカンドキャリアに疑問を持つ。解決策を求め学外で活動する中で、(当時)学生起業家の方に出会い、アスリートをサポートする環境を自ら創ることを決意。経営を学ぶ。2016年にはFirst Penguin Projectを立ち上げスポーツ系学生のキャリア支援に携わる。「アスリートが最高の人生を送れる環境を創る」ことをミッションに掲げる。

海外経験:シンガポール・ドイツ・スペイン

運営 奥根 夢翔

運営

奥根 夢翔

1995年7月25生まれ

都立井草高校 / 東洋大学

Facebook icon

小学校からサッカーや空手、テニスなど幅広くスポーツを行い、幼少期からスポーツが生活の一部であった。
その中で自分や友人のスポーツの指導環境が悪く、自分と同じ経験をさせたくないと考え、自分が良い指導者になろうと体育教員を目指し、スポーツ学部へ入学。しかし、このまま体育教員になって問題が解決できるのか疑問を持ち始め大学外部に目を向け出す。その中である経営者に出会い衝撃を受け、選手のトータルキャリアを支える環境を作ることを決意し、経営を学び出す。現在はスポーツに関わりたい学生やトレーナーになりたい学生の支援を行うプラットフォームを立ち上げ、運営している。

海外経験:スペイン・シンガポール