運営会社

WORLD PLAYERS PROJECT

ワールドプレイヤープロジェクト運営

橋本 貴智

代表

橋本 貴智

1991年12月9日

八王子高校 / 早稲田大学/一般社団法人Japan Sports Hub 代表理事

Facebook icon ascenders icon

小学校3年でバスケットボールを始め、高校時代にインターハイ3度出場。キャプテンを務める。その後、大学進学を選択し、センター試験3度出場。在学中に友人のプロバスケ選手のセカンドキャリアをなんとかしたいと想い経営を学び、起業、Ascenders 株式会社を設立。インキュベーション事業など中心に様々なプラットフォームを創り、スポーツを軸としたサービスを展開。平成スポーツコミニティを創設。Webサービス、メディアを構築。2016年より海外事業を始め、VR事業にも着手、リオ五輪に15人を牽引する。2017年若い世代の挑戦を支援する一般社団法人Japan Sports Hubを創設し代表理事を務める。
海外経験:シリコンバレー、ラスベガス、リオデジャネイロ etc

宮代 幸輝

共同代表

宮代 幸輝

1991年11月11日

香芝高校 / 平成医療学園柔道整復師科/Ascenders 株式会社 COO

Facebook icon

高校サッカー時代ケガに明け暮れた経験からスポーツトレーナーを志す。在学中からJリーグトレーナーの元で研修を重ね2011年に独立。スポーツトレーナー、栄養士などが集まる関西トレーナー会の創設者。日本代表のサポートや、アトレティコマドリード・インテルミラノでのトレーナー活動を経て、アスリートの人生に革新を与えることコンセプトにしたAthlete Innovation創設。2015年には世界の舞台へ挑戦する『World Trainer Project』を作り、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、アメリカへ若いトレーナーを牽引。2017年より活動拠点をイタリアに移し、国内外多くのアスリートのトータルサポートを開始。
海外経験:インテルミラノ.ラツィオフットサル.レアルマドリード.アトレティコマドリード.エスパニョール etc。

奥村 正樹

運営

奥村 正樹

1990年8月16日

鎌倉高校 / 花田学園日本鍼灸理療専門学校

Facebook icon

専門学校を卒業後に整形外科と整骨院にて約5年間勤務し、スポーツ選手のコンディショニング、怪我予防プログラムの作成、応急処置業務、治療と運動療法の処方、と幅広く経験し、外相処置及び治療のイロハを学ぶ。 その後、元より海外に興味があったことから24歳で語学もできない、知り合いもいない状況で「きっと将来に繋がる!」と信じ単身イングランドへ渡英。語学の習得を行う傍、トレーナーとしてサッカーチームへ飛び込みで自身の売り込みを行う。そこで得た人との縁と、勝ち得た信頼でPhysioとしてチームとの契約に至る。チームとしての活動以外にも個人として現地で多数のプロサッカー選手のケアやコンディショニング調整等を経験。 2017年にはタイのサッカーチームからのオファーを受け、イギリスからタイへ。2018年は日本国内でフリーランスとして活動し、プロを目指す大学生からプロサッカー選手まで幅広く依頼を受け活動中。
海外経験:イングランド・イギリス・タイetc.

北林 佑介

WPP大阪リーダー

北林 佑介

1992年4月7日

天理高校 / 近畿医療専門学校鍼灸科/一般社団法人Japan Sports Hub 理事

Facebook icon

元々は競泳選手であったが、高校卒業時にスポーツトレーナーの道に進む。そこで鍼灸に出会い、「笑顔+1のサポート」というコンセプトの元、個人事業「Airys」として活動を始める。また2015年から関西で大規模スポーツコミュニティである「関西トレーナー会」の2代目代表として現在も活動している。今後のスポーツ界での活動を見据え、スペインのトップクラブや、リオデジャネイロ五輪へ平昌五輪と研修へいく。リオデジャネイロ五輪では現地に来られたサポーターに施術も実施。 また国内でも海外関連のジュニアキャンプなどにも参加。 鍼灸師として治療面で活動する他、海外の競泳選手のサポートや、地元のスポーツチームとコラボしてイベントの開催など、治地域の活性も目的に活動している。
海外経験:スペインエスパニョール・リオデジャネイロetc。

向井 晟貴

WPP東京リーダー

向井 晟貴

1996年3月15日

都立日野台高校 / 東洋大学

Facebook icon

大学ではスポーツビジネスや組織マネジメント、スポーツ経営を学び、大学2年時より、スポーツを仕事にしたい学生とスポーツ企業で働いている社会人をつなぐイベントを述べ100人以上の参加者に対して開催。大学3年時からはより専門的なスポーツビジネス、スポーツトレーナーに対する人材育成プログラムWorld Player Projectに参画し、現在も活動中。大学3年時に海外のスポーツビジネスのノウハウを学びにイタリアサッカービジネス研修に参加しアカデミーのノウハウ、経営を学び、将来は地域密着型の総合型スポーツクラブを創設することをビジョンにしている。
海外経験:韓国・イタリア

石田涼太郎

WPP福岡リーダー

石田涼太郎

1996年09月24日

大阪高等学校/森ノ宮医療大学

Facebook icon

小学4年生から陸上競技を始めて、高校はスポーツ推薦で入学。 高校3年時に創部初の全国高校駅伝へ出場。 怪我が多かったことやお世話になったトレー ナーに憧れて大阪の鍼灸学科に進学。在学中は首席をキープ。 2年生の頃からトレーナー活動を開始し、在学中で200名以上の選手をサポート。 そのほか組織マネジメント、マッチング事業などを展開。 学生団体総選挙ではグランプリ獲得、テレビ や雑誌などのメディアにも出演。 これらの活動や鍼灸学の研究などを評価され 全日本鍼灸学会から最優秀賞を受賞。 卒業後福岡に拠点を移しWPP福岡の立ち上げを行いつつ、実業団/大学陸上競技チームのメディカルトレーナーとして活動中。

森 陽幹

WPP東海リーダー

森 陽幹

1997年12月07日

大阪府立摂津高校

Facebook icon

高校卒業まで怪我の多いサッカー人生を過ごし、トレーナーと接する機会が多かったことから自身もトレーナーを志す。 医療系大学に進学し、スペインのRCD・エスパニョール、イタリアのASローマでのトレーナー活動をはじめ、フットサルイタリア選抜チームなどにも帯同。 様々な活動を通してトレーナーとして活動するための選択肢1本でないこと気付き卒業半年前に大学を休学。 2018年に都市による環境の格差を体感。自身が環境によって成長できた経験から東海地方で若い世代が活躍できる環境を整えるべく、翌年の2019年からWPP東海の代表を務める。
海外経験:スペイン・イタリア

吉田 慎司

WPP大阪トレーナー運営

吉田 慎司

1992年03月10日

関西医療大学/Health care & Trainning studio Liberty

Facebook icon

2014年に大学を卒業後、3年間病院で勤めながら『世界で戦うトレーナー』を目指す。 2016年以降、ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユのトレーナー研修以来、世界で活躍するパフォーマーのサポートを実施しエンターテイメント業界でも活動。 2017年大阪市内でトレーニングスタジオ『Liberty』を経営。オリンピアや日本代表選手を数十名サポートし平昌五輪へトレーナー活動。ジュニアアスリートのアカデミー事業『JACAP』を立ち上げ、100名以上育成を実施中。過去に2度ジュニアスキー世界大会へ日本代表チームのヘッドトレーナーとして帯同し、二年連続金メダルを目前にする。 2019年には、“リバティ鍼灸整骨院”を新たに開業し、日本代表車いすフェンシングの専任トレーナーとしてもW杯を数ヵ国帯同。 海外経験:アメリカ.カナダ.韓国etc

廣松千愛

WPP大阪栄養運営

廣松千愛

1992年05月27日

明光学園高等学校/立命館大学/兵庫県立大学

Facebook icon

中学から大学まで陸上競技やラクロスを経験し、大学ではスポーツ科学を専攻。その後、得意な料理でトップアスリートをサポートしたいと管理栄養士免許を取得。学生時代にイタリアやカナダにてアスリートやパフォーマーの食事について学び、卒業後、フリーランスの管理栄養士としてプロ野球選手寮やBリーグチームの食堂にて献立作成や調理を担当。海外のスポーツ栄養情報を日本人選手に合わせた個別の栄養戦略と食事に落とし込み実践している。現在は、プロ選手やオリンピックを目指す多様な競技の選手を調理と栄養マネジメント両面からパーソナルでサポート。Jリーグユースチームや大学サッカーチーム、中高生野球チームなどジュニア選手のサポートや食育、栄養講習も幅広く行う。
海外経験:インテルミラノ、シルク・ドゥ・ソレイユ(モントリオール本部)、平昌五輪、イギリス、アメリカetc

奥根 夢翔

WPP東京トレーナー&ビジネス運営

奥根 夢翔

1995年7月25日

都立井草高校 / 東洋大学

Facebook icon

小学校からサッカーや空手、テニスなど幅広くスポーツを行い、幼少期からスポーツが生活の一部であった。 その中で自分や友人のスポーツの指導環境が悪く、自分と同じ経験をさせたくないと考え、自分が良い指導者になろうと体育教員を目指し、スポーツ学部へ入学。しかし、このまま体育教員になって問題が解決できるのか疑問を持ち始め大学外部に目を向け出す。その中である経営者に出会い衝撃を受け、選手のトータルキャリアを支える環境を作ることを決意し、経営を学び出す。現在はスポーツに関わりたい学生やトレーナーになりたい学生の支援を行うプラットフォームを立ち上げ、運営している。
海外経験:スペイン・シンガポール

村上慧樹

WPP東京栄養運営

村上慧樹

1993年10月08日

立命館高校/立命館大学

Facebook icon

幼少期からスポーツをする・見るのが好きで、スポーツに関わる仕事に憧れる。 大学在学中に、高校時代から親友であるプロマラソンランナーを支えたいという想いから、スポーツ業界に支える側で関わることを決意。大学では薬学部に所属しながら、外部で経営を学ぶ。 陸上競技を通じてアスリートが輝ける環境を創るためにAthletics Innovator’s Communityを創設。研修生としてリオ五輪に携わる。リオ五輪ではウォータースポーツ会場と宿泊施設の水質調査を実施。 大学卒業後、インキュベート事業であるWorld Player Projectの栄養部門に参画し、スポーツ栄養を通じてアスリートをサポートできる環境を創るため活動中。 他にもアスリートのトータルサポートの実現と次世代アスリートを発掘するために、スポーツ能力測定事業とドーピング防止事業に携わる。
海外経験:イギリス.リオデジャネイロetc

後藤 遼太

WPP東京指導者運営

後藤 遼太

1994年09月12日

日本大学

Facebook icon

幼少期から複数のスポーツを行い、スポーツが日常にある生活を送る。 その中で高校の指導環境が悪く、目の前で才能が潰されていく様子を目の当たりにする。 指導環境の改善を図るべく自身が指導者として活動を始めるが、1人の力に限界を感じ指導者育成や仲間の重要性に気づく。 そのタイミングでWPP指導者部門に参画し次世代のリーダーとなる若手指導者たちとこれからの日本の競技環境を改善するべく活動中。 現在は指導者のプラットフォームを運営する傍、街クラブで新規事業の立ち上げなどを通じて新しい風を吹かすために奮闘している。

奥隅 知里

WPP運営アシスタント

奥隅 知里

1993年12月17日

兵庫県立小野高等学校/武庫川女子大学

Facebook icon

幼少期から水泳、スキー、サッカー、バスケットボールなど様々な競技を幅広く経験。バスケットボールは現在も現役選手として活動中。高校生の時、アスリートを栄養面から支える”スポーツ栄養”に惹かれ管理栄養士を志す。管理栄養士資格取得後、病院の管理栄養士として臨床経験を積む傍ら、スポーツ分野においても、プロやジュニアアスリート、保護者、サポートスタッフなどを対象に、栄養サポートやメディカルチェック、合宿・試合帯同、セミナー講師を行ってきた。その後フリーランスとして独立。臨床現場で得た経験も活かし、日本代表選手や国体代表選手、Jリーガーなどに、栄養指導と食事提供の両面からチームサポート・パーソナルサポートを展開中。